レナード衛藤 クリエイション


22世紀に残る音、残す音。
レオクラシックス始動!


22世紀まで83年。太鼓に使う木や皮も新素材に変わっているかもしれません。新素材になったら新しい表現が生まれているのでしょうか。私は懐疑的。おそらく、太鼓の音の本質を知らなければ、魅力的な表現が生まれるどころか太鼓文化そのものが消えてしまっているかも知れません。

太鼓が、国内外の(音楽的、文化的とは思えない)イベントに担ぎ出されるようになって随分と時が経ちます。活動するグループも地域活性化、派手なイベント出演!とにかく、海外公演!といった感じで、演奏が音楽ではなくて「手段」となっている今の太鼓。

1980年代、私が鼓童のメンバーと満面の笑みでかつぎ太鼓や平胴大太鼓を叩き、太鼓アンサンブルを作り上げたことで創作の種が撒かれました。けれど、その当時は賛否両論でした。でも、私たちは負けませんでした。なぜなら、それは「手段」ではなく、紛れもなく「僕らの表現」でしたから!

時代背景が違うのでオリジナルとコピーを論じても意味がないのですが、良くも悪くもこの流れを生み出した者として、新たに大きなビジョンを持ち、太鼓と向き合う必要があると思っています。時代が変わり、素材が失われて変わっていったとしても、受け継がれるものは太鼓と向き合う心であり、知恵であると思いたいです。

確かに1980年代に私が作曲した"ZOKU"や"IRODORI"
という曲を通じて、メッセージを伝えていくことを否定はしませんが、それらの楽曲はもう十分なほどの評価を受けてきましたし、これからも愛して下さる方がいれば、私が何かアクションを起こさなくても残っていくことでしょう。楽曲は世に放たれた時点で独り歩きしていくものです。

太鼓でどこまで表現できるのか。私は、もう一度、私の音楽人生に太鼓アンサンブルを加えてみたいと思っています。一過性のイベントではなく、日々行われているパフォーマンスがシーンを作ってきたと思います。

レナード衛藤

Blendrums ブレンドラムス


ブレンドラムスとは、 "blend"(混ぜる)と "drums"(太鼓)を掛け合わせたレナード衛藤の造語。自由な発想と打楽器の魅力を存分に活かしたそのステージは、2007年にCD "Blendrums"を発表以来、レナード衛藤が活動の軸に据えているプロジェクトのひとつ。

ドラムスやタップダンスなどとのダイナミックなパフォーマンスにおいても、太鼓の音の魅力が損なわれることはなく、それぞれの音を融合させるレナード衛藤独特のアレンジが立体的な音空間を作り出している。
海外における公演も2009年以降、3度のヨーロッパ・ツアーを始め、東アフリカ・ツアー(2011)、中央アジア・ツアー(2012)を行っている。
映像:DVD "Power of Blendrums"(2011年)


"MIDNIGHT THEATER"
ドラムス編
DVD "Power of Blendrums"



"MOON SLIDER"
タップ編
DVD "Power of Blendrums"



"ELEPHANT GATE" with ザキールフセイン
DVD "Presence"



レナード衛藤は、「ブレンドラムス」をプロデュースする以前から打楽器によるセッションや創作を行ってきたが、その中でもインド音楽界の重鎮、タブラ奏者のザキール・フセインとはヨーロッパ・ツアーやインド、日本において何度も共演している。
映像:DVD "Presence"(2003年)

Blendrums Theater (ダンスとの創作)


1991年にレナード衛藤が西アフリカを訪れた際、ある村で見たトランス(憑依)儀礼。その衝撃的な体験以来、太鼓と踊りの濃密な関係がレナード衛藤の脳裏から離れることはなく、ダンサーのムーヴメント(動き)が創造の泉となる。そして、太鼓と踊りの関係を新たな視点でとらえた作品作りに取り組んでいる。







"Silently She Dances"
(静かなるダンス)
−太鼓と踊りの言葉なき物語−
原案:レナード衛藤 脚本:高階經啓
演出、構成、音楽:レナード衛藤 振付:前田新奈、乾直樹

「動かないときも私は踊っているの」と彼女は言った。生まれつきのダンサー。片時もじっとしていられなかった女の子。子どもの頃は日本語が下手だとからかわれ、外見が違うといじめられた。けれど、いったん彼女が踊り出すと全てが変わった。彼女の名は、アレックス。美しきダンサーの人生が始まったかに見えた。そこに「大災厄」が起きた。巨大隕石が落下し、太平洋を囲む全ての国が津波に飲み込まれた。日本も例外ではなかった。大勢の人が亡くなり、地震や噴火などの天災や有害物質を垂れ流す事故が相次ぎ、やがて、法ではなく暴力が支配する世界が訪れた。アレックスは生き延びながら、踊ることで人々を勇気づけた。それを快く思わない権力者達。歌舞音曲を禁じられた社会で、アレックスは志半ばで命を絶った人々のために踊る。圧力に屈せずに舞い続けるアレックスは、やがて命あるすべてのものを巻き込んでいく。
Silently She Dances 魂の踊り
Silently We Dance そして、私たちの自由


"TAMAGO"
2014年、パリ日本文化会館(フランス)にて初演
音楽/レナード衛藤、振付/遠藤康行
ダンス/国立マルセイユバレエ団(フランス)

和太鼓の象徴とも言える大太鼓の音は命の鼓動。本作品では、生命が誕生する起源として大太鼓を"TAMAGO"に見立て、新たなクリーチャー(生命体)の創出を描く。



2014年、レナード衛藤はトリエンナーレ・テアトロ・デッラルテ(ミラノ/イタリア)のレジデンス・アーティストに任命され、スザンナ・ベルトラミ・カンパニーとのコラボレーションとして3作品を発表。

Photos: (C) Change Performing Arts / CRT Milano

文化庁文化交流使 −351日間、創作と交流の旅−



レナード衛藤は文化庁より「文化交流使」に任命され、2013年8月から2014年7月までの1年間、ヨーロッパを中心に活動。

スイスの山とのコラボレーションに始まり、フランス、イタリア、ドイツ、インドなど9か国のダンサーやミュージシャンとの創作は、レナード衛藤のそれまでのキャリアが最大限に活かされた1年となる。この映像はその活動の一部をまとめたもの。


「エンカウンター」

オウデケルク(アムステルダム/オランダ)
文化交流使の活動の中で最も荘厳かつダイナミックなパフォーマンスのひとつ。450年前に作られた旧教会に設置されているパイプオルガンとの共演。
お互いにアイコンタクトが取れない中、圧倒的な響きをもつ旧教会で行われた即興演奏はまさに「天と地の遭遇」




スイスのエヴォレーンで開催されたCIME フェスティバル
(TVインタビュー)
共演:サンバ・ディアバテ、ヴィンセント・ザネッティ




インドのゴアで開催されたザンバラ・フェスティバルの模様




ハンガリーのブタペストで行われたコラボレーションの模様
(TVインタビュー)




文化交流使に任命された際のインタビュー




Youtube ライブ配信音楽番組"Musica da Leda"

世界を相手に創作活動をすることで見えてきたこと。文化交流使の活動映像に解説を交えるなど話題が盛り沢山のトーク番組。



桶太鼓レナード衛藤モデル

'80年代にレナード衛藤が韓国や中国、インド、プエルトリコに伝わる打楽器の奏法からヒントを得て、それらを模倣するのではなく、馬皮を使用する日本の桶太鼓の音色とリズムを生かして新しい表現を生み出した。

その桶太鼓のパイオニアと言えるレナード衛藤監修シグネチャーモデル。桶太鼓で重要な「軽さ」と「パワー」。半永久的な耐久性を得たシルバー・カーボンボディにおいて、その響きと木製唄口を最適化。「桶太鼓レナード衛藤モデル」は、コンディションに影響されにくいこだわりが施されている。
お問合せ: 太鼓正 06-6561-0021



平胴大太鼓


フルボディの大太鼓とは異なり、胴が浅いため明るい響きが得られ、バチを変えることで多彩な音色を得られる。長いバチを打面に当てて皮の振動を拾う奏法は レナード衛藤のオリジナル。
また、木の切り株を加工した台に載せて叩くスタイルは、レナード衛藤が「族」(1988年)を作曲した際に考え出されたもので、その後、世界的に伏せる平胴大太鼓が普及していった。


 
Club leo Music Copyright 2015 LEONARD ETO All Rights Reserved.