Creation

ダンスとの創作

1991年にレナード衛藤が西アフリカのガーナを訪れた際に見たトランス(憑依)儀礼。その衝撃的な体験以来、太鼓と踊りの濃密な関係がレナード衛藤の脳裏から離れることはなく、ダンサーのムーヴメント(動き)が創造の泉となる。そして、太鼓と踊りの関係を新たな視点でとらえた作品作りに取り組んでいる。

 

Tsu-Ku-Tsu (2000)
アメリカのダンスカンパニー・ピロボラス委嘱作品。ボストン初演。ニューヨークのダンスの殿堂・ジョイスシアターにて3週間公演を行う。

 

TAMAGO (2014)
パリ初演
音楽/レナード衛藤 振付/遠藤康行 ダンス/マルセイユ国立バレエ

 

blenDRUMStheater #1, #2, #3(2013, 2014)
ミラノ初演
音楽/レナード衛藤 振付/スザンナ・ベルトラミ
ダンス/スザンナ・ベルトラミ・カンパニー

 

Silently She Dances (2016)


 
東京初演
演出構成/レナード衛藤 脚本/高階經啓
音楽/レナード衛藤 振付/前田新奈、乾直樹

 

Deep Forest (2019)

 
サンマリノ初演
音楽/レナード衛藤 振付/前田新奈、他

 

Leo Dynamism (2019)
東京初演
音楽/レナード衛藤 振付/前田新奈、他

 

GENSO (2020)
アートにエールを参加作品
音楽/レナード衛藤
映像/高岡真也